コーヒーによる歯の黄ばみ解消

コーヒーやお茶で歯が黄色くなる

喫煙者は、タバコのヤニ(タール)が歯の表面に付着し茶色くなりますが、飲食物でも色の濃いものは着色しやすいものです。 ポリフェノールやタンニン、カテキンなどが多く含まれるものは着色しやすいと言われます。 その代表的なものがコーヒーやお茶、赤ワイン、紅茶です。

エナメル質で歯の表面はコーティングされていますが、それを覆っているのが唾液から作り出されるペクリルという薄い膜です。 このぺクリルにタンニンやニコチン、カルシウムや金属イオンが結合しステインになります。 ぺクリルは歯を酸から守り、虫歯になるのを防いでくれますが、ステインを吸着しやすい性質も持っています。 そのため、時間の経過とともにぺクリルはエナメル質に定着し、黄ばみとなります。

黄ばみがつくことに変わりありませんが、歯質や歯並び、唾液の性質などによって黄ばみの付き方には個人差があります。 コーヒーやお茶は飲む頻度も高いため、少しずつ付着し、黄ばみや黒ずみとなって残ります。 コーヒーやお茶を飲むたびに歯磨きをすればいいのですが、毎回そんなことはできません。 水でうがいするだけでも黄ばみを防ぐ効果はあります。

コーヒーやお茶をやめれば歯が白くなる?

コーヒーやお茶をよく飲んでいると歯が黄色くなる原因であることは説明しました。 ではコーヒーやお茶を飲むのを止めれば歯が白くなるのでしょうか?

結論から言うと、コーヒーやお茶を止めただけで歯が白くなることは、まずあり得ません。 コーヒーやお茶は歯が黄色く変色する要因ではありますが、その他にも赤ワインやカレー、しょうゆやソースなどたくさんの食品があります。 年々いろいろな食品に含まれる色素が沈着して歯を黄色くします。

着色の多い食品を避けるように気を付けるという意見もありますが、これも不可能なことです。 ポリフェノールを含むブルーベリーやバナナ、カレーやケチャップなどの色の濃い食品、数え上げればきりがありません。 ひとつひとつの食品を摂る量は少なくても、少しずつの積み重ねが、歯の黄ばみにつながっています。

毎食後に色素沈着を除去する成分入りの歯磨き粉を使って歯磨きをしたり、歯磨きが難しいときは水でうがいをするなどの対策を取っても、進行を遅らせる程度です。 もし、歯を白くしたいのであれば、歯医者さんでクリーニングをしてもらうのが早道です。 黄ばみの後ろに虫歯や歯周病が隠れている可能性もあります。 歯医者さんを定期受診すれば、お口の健康チェックとクリーニングで白い歯が戻ります。

コーヒーやお茶の黄ばみ汚れを落とすには

コーヒーやお茶の黄ばみ汚れは、一旦ついてしまうと自分で完全に落とすのは難しくなります。 美白用の歯磨き粉を使用するという方法もありますが、これだけで黄ばみ汚れを落とすのは無理があります。 歯の表面の汚れを落とす研磨剤入のものとステインを浮き上がらせる成分入りのものがありますが、効果に大差はありません。

いずれにしても、歯医者さんでクリーニングをしてもらった後の白い歯を維持する手段として使用するのがいいようです。 歯医者さんでのクリーニングであれば、1回の施術で歯の表面の着色を落とすことができます。 歯石の除去もでき、虫歯や歯周病のチェックもしてもらえますので、お口の健康管理ができます。 ステインを落とすハミガキ ホワイトニング歯磨き粉 歯のヤニを取るには 歯磨きでステインを除去 ヤニを取る歯磨き粉

また、着色しやすいということがあれば、歯の表面に細かい傷が多いということもあります。 そういう方はクリーニングしてもすぐに黄ばみ汚れがついてしまいます。 その場合は、クリーニング後に表面の傷を修復するトリートメントをすると、着色しにくくなり、より長く歯をきれいな状態に保つことができます。 歯のクリーニング(ホワイトニング)自体は保険が適用されませんが、虫歯や歯周病の治療なら保険が適用され費用も安くて済みます。

更新履歴